え・エエッ!?アドバイスがオススメ♪ハッピー

自分ではいいパパだと思ってたつもりが、自分が言ったことがある言葉が、まったく同じセリフで「悪い例」として載っていて、ショックを受けてるみたいでした。子供を育てる、という一つのテーマを通して、家族みんながハッピーになれる、本の小さな一工夫が満載です。相変わらず漫画が多く入り込みやすかった。

コチラですっ♪

2017年01月21日 ランキング上位商品↑

ハッピー アドバイス忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス [ 明橋大二 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

子育てには、まず夫婦が仲良くいい関係であることが子供にとってもなによりだと思うので、そういった面でも大事なことを改めて教えてくれる優しく、受け取りやすい素敵な本でした。解っていることもたくさん書いてあったので、最初は「別に読まなくてもいい」と言っていた夫でしたが、改めて読むと、実践してみよう!!と思うことがいくつかあったようです。読んだ後は!少しゆとりを持って子供と接してくれていたのがわかりました。最後の章は大泣きしました。育児書を色々と読みましたが、このシリーズが手元にあれば他は要らない^^!こちらは文字通り、お父さんの為の一冊です。私はこれを読んでうちのパパはいいパパだなあと再認識できました!まずは私が読みましたが、言いたい事がそのまま描かれていて「そーそーそー!」と言わずには居れませんでした。上の子との関わり方で、どうしたらいいのか考えていた時だったので、読んでもらいたいと思ったからです。普段の会話での言い回しを、ほんの少し工夫するだけで、ママさんは癒され心の平穏を取り戻し、仕事で忙しいパパさん自身も癒される、そんな内容でした。忙しいパパには漫画だけ見てもらいましたがそれだけでも十分内容は伝わったみたいです。なんだかスッキリしたみたいで!驚きの効果がありました。ふいに「いつもありがとう。離婚寸前の同僚に。ちょっと疲れた時に読みたい本です。私も読みましたが、子どもの為にお父さんはどんなことをすべきか、どう在るべきかを、押しつけがましくなく簡潔に解り易くまとめてあります。子供が生まれるので、主人に読んでもらいたいと思いレビューを見て購入しました。タイトルに『忙しいパパのための』とありますが!パパ・ママどちらが読んでも為になると思います。私も読んでみました。最初に私が読みましたが!お互いに感謝の気持ちと協力しあう姿勢が必要ということですね。頑張りすぎている人に読ませてあげたいですね。プレゼントしました。いつまで続くかわかりませんが(笑)、とても感謝してます。このシリーズは、とてもわかりやすいのと、『がんばらなくてもいいんだ』という気持ちにさせてくれるので大好きです。(今まではそんな事しなかったのにw)確実に、意識が変わっていると思います。(もっとも、その頃とは「時代が違う」んですけどね。読み終えたあと!「一緒に育児しようね!」と言ってくれ!その後もお腹の子に話しかけたり!撫でたりするようになってくれました。でも私が最も印象に残ったのは、子育てと主婦業で心に余裕をなくしがちなママさんへの接し方でした。)出産を控えた妹の旦那サマにプレゼントしました。また、妻への気配りや関係づくりなどは、妻(私)の口からは言いづらい要望(こうしてほしい、ここを理解してほしい、こんなことを手伝ってほしい等)も本が代弁してくれたのでとっても有難かったです。こういう心配りがいつでも誰に対してもできる人になれたらいいなと思いました。今回、『子育てハッピーアドバイス大好き!が伝わるほめ方・叱り方2』と共に購入しました。もともと乗せやすいタイプなので、掃除に洗濯、洗い物に子供の世話…と、急に進んでやってくれるようになったり、「いつもありがとう」と私に感謝の言葉を言ったりして、期待以上に効果がありました。友人の旦那さんへの出産祝いの品物として購入しました。子育てに特化せず!日々仕事に追われて忙しいお父さんのココロへ語りかけてくれる部分もあり!またお父さんが子育てに限らず!日々の生活の中で!どんな気持ちを持っているのかといったことも!お母さん側の立場からもよい指針が得られると確信しています。育児に協力したいけど、何をしたらいいのかわからない‥というようなパパや、子供との接し方を考えたい!というパパにお勧めです。」とか言われてビックリしますが!どうやら実践してくれてるようです。勉強しなさいという意味で購入。毎日お仕事などで忙しくてなかなか子供たちと接する機会を作れないパパ、また、そんなパパにいろんな思いをもっていらっしゃるママ、お互いぜひ読んでみてほしいなと思います。簡単なようでいて!子育ての協力は難しい。今までは支援センターで時々借りる程度でしたが、出産すると、しばらくはなかなか支援センターに行けなくなるのと、赤ちゃんとの新しい生活でドタバタ&長男の赤ちゃん返りが心配された為、すぐ読めるように手元に欲しいと思い購入しました。これまでは主にママに向けた、小さい子供向けのアドバイス、それと10代の思春期を迎える子供とどう向かい合っていくか、といったアドバイスを、スクールカウンセラーの立場として、わかりやすく、かわいらしくアドバイスしてくれる本でしたが、今回、待望の「パパのための」アドバイス本が出ました。子どもに接する時!今までもとても良いお父さんでしたが!さらにパワーアップしたかも。自分が子どもだった時に感じた親への不満を!上手く整理する切欠と手助けになったそう。シリーズ全体に言える事ですが、イラストや漫画が多様してあり、1時間〜半くらいであっさり読み終える事ができます。もし25年前に戻れたら…留守がちであまり意思疎通が出来なかった自分の父親にもプレゼントしたい本でした。家族にとって有益な本でした。忙しいなりに頑張っている夫にはこの本は必要ないのでは?と思いました(笑)夫の「手伝おうか」の言葉に「いいよ」と言ってしまう自分に問題があるような気がしました(苦笑)最後に父親が自ら命を絶ってしまった話がありましたが、会社・家族の為に頑張った挙句自ら命を絶ってしまった父親への子供の思い、考えさせられました。毎朝7時前に家を出て帰りは21時近く、土日祝も部活動指導で休みがない教員のパパのために買いました…が忙しくて読んでないみたいです(^_^;)仕方ないのでママである私が先に読みましたが、パパだけでなくママにもぜひ読んでほしい内容でした。耳に痛い話ばかりでした(苦笑)。みなさんに!すてきなファミリー!ハッピーなファミリーでいてほしいと願う僕は!絶対にオススメします。私が、こうあってくれたら最高だなーと思うような対応がたくさん出ていて、主人も納得しながら読んでいて、とてもありがたい本でした。今回はお父さんの意識改革という感じでしょうか。とっても役に立つ情報が!いっぱいでした。子供たちにとって!お父さんという存在がどれだけ大切か!また!家族という存在がどれだけ大切なのか!将来にわたって!その子供の人生を左右するきっかけになる!また大人の側にとっても!自分が今まで育ってきた環境と今を振り返ってみる(なんで自分がこんな風になったのか…など)きっかけを見つけ出してくれるきっかけにつながるかもしれません。でも!こういうのを読んでくれるパパさんって!最初から育児に協力的なんですよね‥(^_^;)。子育てに協力的でない・育児は女の仕事だ、というお父さんに読ませるのにはいいかもしれません。また、お父さんという存在が、子供にとってかけがえのない、大切な存在であることを教えてくれる、貴重な1冊です。父親としての子供への接し方!役割がわかりやすく書かれていました。居間のテーブルに何気なく置いておいたら!帯の「パパだーい好き」に惹かれたのか!我が家の「忙しい夫」も自分から読んでくれました。我が家は、二人目が10ヶ月位の時に購入しました。奥さんが何に怒って出て行ってしまったのかを知りたいとのことでした。元から子供が大好きで育メン要素ばりばりの主人なので、子育てについては正直あまり心配はしていないのですが、この本には子育てだけでなく子育て中の妻とのかかわり方も、現実的なおかつマンガで大変読みやすく、受け取りやすく書かれています。悪い例とよい例が4コマになって載っていて!とても読みやすいです。出産前にこのシリーズに出合えて、本当に良かったと思っています。新聞広告に載っていて!旦那が興味をもったので!「今がチャンス!」と!すぐ購入して旦那に見せました。家族を大切にしてきたいと強く感じた1冊でした。男性女性の脳の違いから!『話を聞く事』について求めている事が違うことがかいてあったり!全シリーズに共通することですが!日々育児・家事・人によっては仕事に追われている余裕のない気持ちを!いたわってくれてるような気持ちに読んでいるとなります。「子育てハッピーアドバイス」シリーズは!1〜3を読んでいたので買ってみました。主人に渡して!暇な時に読んでね…と言ったところ意外と興味を持ってくれています。ムリなことは何一つ書かれていませんよ!むしろパパも楽しく子育てができる、「子育て」という今までの固定観念を変えるきっかけになるかもしれない1冊です。シリーズ200万部突破の「子育てハッピーアドバイス」シリーズ。もちろん子育てを中心に書かれた本ですが!家族関係!夫婦関係の大切さや!子供たちが親に(今回は特に父親に)どんな気持ちを抱いているか!といったことを!あらゆる分析データなども基に非常にわかりやすく書かれています。パラパラとしか見ていませんが読みやすそうでした。夫が読みたがっていたので注文しました。夫と長男(1歳8ヶ月)との三人暮らしで!来月に出産予定です。他のシリーズは立ち読みして買ったことはないのですが!育児に頑張っているお母さんの応援本という感じでした。現在妊娠9カ月です。